のんびり安産祈願、戌の日の祈祷に穴場のスポット、日枝神社

最近、妊活という言葉も出てきて、少子化が叫ばれる中でもあり、子供が貴重な時代となってきました。そうでなくても、夫婦の愛の結晶でもある可愛い子供には、奥さんの健康も含めて、安産で生まれてきてほしいのは当たり前のことと言えます。

そういった背景もあり、最近では安産祈願、特に戌の日と呼ばれる妊娠5ヶ月目に入った後の最初の戌の日に神社でご祈祷をしてもらい、腹帯(岩田帯)を締めて安産を祈願する行事を行う家庭が増えてきました。

そんな戌の日のご祈祷ですが、せっかくですので安産に特にご利益がある神社に出かけたいものです。ですが、そういったところほど混雑するのは当然で、戌の日が土日祝日と重なれば、相当の行列は覚悟しなければなりません。安定期に入っているとはいえ、妊婦にあまり負担はかけたくないもの。そこで、それほど混雑しない穴場をご紹介します。

それは、千代田区にある日枝神社です。徳川家の産土神として安産祈願が行われていたところでもありますし、この神社の御使いとされている猿は犬と同様にお産が軽いことでも知られている動物で、安産のご利益はばっちりです。また、昇りのみではありますがエスカレーターもありますので、妊婦さんの負担も軽減できます。

混雑についても、同じく有名な水天宮ほどではなく、土日祝日であっても一時間は待たずにご祈祷を受けられることが多いようです。

安産祈願はちゃんとしたいけれど、あまりの混雑は避けたい、という方、日枝神社を検討してみてはいかがでしょうか。